2020年03月16日

ワイヤレスタイプ設置方法

ここではR-LIVEワイヤレスモデルの組み立て手順を説明します。
組み立ての順番もとても重要なので、必ず手順通りに行ってください。
印刷用のPDFはこちらです。
R-LIVEマニュアル(ワイヤレス).pdf

@スピーカー配置を決める
空間のどこにスピーカーを配置するか決めてください(4SPの場合四隅、2SPの場合対角線上が基本となります)。それぞれのスピーカー位置につき1つコンセント口が必要となります(付属の延長コード使用)。
unit2-4.png
※使用電力についてはこちらをご覧下さい
R-LIVE機材大きさと電力について.pdf

A必要機材を確認する
まず、白い箱に入ったワイヤレスセットの内容をご確認ください。(クリックで拡大)
IMG_1247.jpeg
Wi-FiルータとPCは4スピーカータイプ・2スピーカータイプに関わらず、それぞれ1つずつですが、ワイヤレスレシーバーとオーディオケーブルはスピーカー数分あります(4スピーカー=4つずつ、2スピーカー=2つずつ)。

次に、下の写真のスピーカー部分の部品がスピーカー数だけあることをご確認ください。(クリックで拡大)
IMG_1260.jpeg

BWi-Fiルータを配置して電源をつける
まず、Wi-Fiルータのツノをねじ込んで設置してください(通信しやすくするため)。
IMG_1249.jpeg
次に、Wi-Fiルータを「各スピーカーから10m以内」で「ひらけた空間(棚の中より外推奨)」の「腰より高い位置(通信しやすくするため)」に配置してください。
Wi-Fiルータの近くにR-LIVE専用PCも配置するため、電源口が2つ必要です(延長コードがあれば1つ)。
IMG_1252.jpeg
コンセントを差し込むとWi-Fiルータの電源が点灯します。2-3分するとこのように左から3つが点灯した状態で安定するはずです。
IMG_1255.jpeg
もし点灯しない場合は、背面の電源差込口左にある小さなスイッチがオフになっている可能性がありますのでご確認ください。
IMG_1251.jpeg

CR-LIVE専用PCを配置して電源をつける
Wi-Fiルータの点灯が安定したことを確認したら、次はR-LIVE専用PCを配置して電源をつけます。
R-LIVE専用PCは、必ずWi-Fiルータの近く(1m以内)に配置してください。
14694.jpg
R-LIVE専用PCのACアダプタのミニUSBを本体電源口に差し込み、コンセントにさしてください。
写真の指の先にある電源ボタンを軽く2秒くらい押してください。
IMG_1257.jpeg
すると、このように青いランプが点灯します。これでR-LIVE専用PCの電源がつきました。
IMG_1259.jpeg

D各スピーカーの組み立て
次に各スピーカー部分を組み立てていきましょう。
まず、スピーカー背面のネジをゆるめてスピーカーケーブルを差し込んでネジをしっかり締めてください。この時、赤いケーブルを赤のネジに、白いケーブルを黒のネジに入れるというのを間違えないよう気をつけてください。
IMG_1261.jpeg
しっかりネジで固定されていることを確認してください。
IMG_1262.jpeg
次に、スピーカーに接続したケーブルのもう一端をアンプに接続します。
アンプの背面にあるR側またはL側の赤のツメに赤のケーブル先端、黒のツメに白のケーブル先端を挟んでください(それぞれのツメを押すと先端が差し込めます)。
IMG_1264.jpeg

IMG_1267.jpeg
なお、Rの赤黒とLの赤黒のツメがありますが、2スピーカーの場合1つのアンプはRの赤黒に、もう1つのアンプはLの赤黒に差し込んでください。4スピーカーの場合は、四隅でRLRLとなるよう差し込んでください。
このように交互にすることで音がより立体的になります。

次に、アンプのACアダプタを電源部に接続し、コンセントにさしてください。
ACアダプタを間違えないよう気をつけてください。
IMG_1270.jpeg

IMG_1269.jpeg
アンプの上部のオレンジ色のランプが点灯し、電源がついたことを確認してください。
点灯していない場合は上部の丸い電源ボタンを押してください。
IMG_1274.jpeg
続いて、アンプ前面のウインドウ部に「AUDIO IN」と表示されているか確認してください。異なる場合は、「AUDIO IN」になるまでSOURCEボタンを何回か押して変更ください。この表示が異なる状態ですと音が正しく出ません。
あわせて、アンプ前面の中心にある丸いつまみを回し、音量を30程度に設定しておきましょう(後で変更することも可能です)。
IMG_1275.jpeg

次に、ワイヤレスレシーバーをアンプと接続します。
このように、ワイヤレスレシーバー本体に、ACアダプタとオーディオケーブルを差し込んでください。
アンプのACアダプタと間違えないように気をつけてください。
IMG_1273.jpeg

IMG_1280.jpeg
オーディオケーブルのもう一端をアンプの「AUDIO IN」に差し込み、アンプとワイヤレスレシーバーを下の写真のようにスピーカー台に収納してください。
IMG_1277.jpeg
ワイヤレスレシーバーのACアダプタをコンセントにさしてください。
付属の延長コードにアンプとワイヤレスレシーバーのACアダプタをさせば、必要な電源口が1つになりコンパクトにまとまります。
IMG_1278.jpeg

ワイヤレスレシーバの電源を入れたら、ピッ→ピポパンポン→ピンポーンという順番で音が出て、間も無く心地よいハイレゾ自然音が流れ出します。
動画をご覧ください(動画の背景でも自然音が流れているため音が重なっております、ご了承ください)。


このDの手順をスピーカー数だけ繰り返してください。
お疲れ様でした。
posted by R-LIVE at 11:17| R-LIVE導入後のよくあるご質問