2020年03月15日

有線タイプ設置方法(4SP)

ここではR-LIVE有線モデルの組み立て手順を説明します。
印刷用のPDFはこちらです。
R-LIVEマニュアル(4SP専用PC).pdf

@スピーカー配置を決める
空間のどこにスピーカーを配置するか決めてください(4SPの場合空間の四隅が基本となります)。
4SPのいずれか1つの位置にコンセント口が1つ必要となります(付属の延長コード使用)。
unit2-4.png
※使用電力についてはこちらをご覧下さい
R-LIVE機材大きさと電力について.pdf
4SPの場合、下図のように4本のスピーカーケーブルを配線することになりますので、出入り口等問題ない場所に設置してください(床下に入れるなどの処理をお勧めします)。
4sphaiti.png

A必要機材を確認する
下記の2箱分の必要機材があるかご確認ください。(クリックで拡大)
buhin2.jpegbuhin1.jpeg

Bスピーカーケーブルを接続する
30cm・14.7m・10m・20mの4本のケーブルを各スピーカーに接続します。
下図のように4本のスピーカーケーブルが、アンプ・専用PCがある主装置エリアに集まるようにしてください。
4sphaiti.png
スピーカー背面のネジをゆるめてスピーカーケーブルを差し込んでネジをしっかり締めてください。この時、赤いケーブルを赤のネジに、白いケーブルを黒のネジに入れるというのを間違えないよう気をつけてください。スピーカーケーブル先端が抜けないよう、しっかりネジで押さえ込んでいるかご確認ください。
IMG_1407.jpeg
次に、4本のスピーカーケーブルそれぞれの一端を2つのアンプに接続します。
アンプの背面にあるR側およびL側の赤のツメそれぞれに赤のケーブル先端、黒のツメに白のケーブル先端を挟んでください(それぞれのツメを押すと先端が差し込めます)。スピーカー配置図にあるようにR→L→R→Lと交互になるよう、スピーカーケーブル4本とアンプの差し込みツメ4箇所を組み合わせてください。
IMG_1399.jpeg

IMG_1400.jpeg

C専用PCとアンプの電源を入れる
専用PCは、電源アダプタをミニUSB口に差し込み、USBケーブルを本体の2つのUSB口のうちいずれかに差し込んでください。
IMG_1392.jpeg
専用PCのUSBケーブルを、2つのうちいずれかのアンプ背面(どちらでも良い)にあるPC IN口に差し込んでください。
IMG_1412.jpeg
専用PCとPCIN口で接続したアンプともう一つのアンプをオーディオケーブルでつなぎます。
専用PCと繋がっているアンプのAUDIO OUTと、もう一つのアンプのAUDIO INをオーディオケーブルで接続してください。
IMG_1417.jpeg
ケーブルボックス内に付属の延長コードを入れ、専用PCの電源アダプタおよびアンプの電源アダプタを差し込んでください。
写真では曜日と時間で音がなる時間をコントロールするためにオプションのコンセントタイマーを使用しています。コンセントタイマーは2つのアンプのうち、専用PCと接続している方のアンプの電源アダプタのみに接続してください(決して専用PCには接続しないよう気をつけてください)。
コンセントタイマーの詳しい設定方法はこのマニュアルをご確認ください。すぐに通電するには、プログラムボタンを3秒押し、青いライトが点灯すれば即時通電完了です。
コンセントタイマーマニュアル.pdf
IMG_1415.jpeg
2つのアンプ背面にある電源口に、それぞれ電源アダプタを差し込んで電源を入れてください。
もしつかないようなら、アンプ上面にある電源ボタンを押してください。
IMG_1274.jpeg
次にアンプ前面のウインドウ表示を確認してください。
専用PCと接続している方のアンプがPC IN、もう一つのアンプがAUDIO INになっていることを確認してください。もし異なる場合はSOURCEボタンを何回か押して変更してください。
また、2つそれぞれのアンプ前面のつまみを回して、30くらいに設定してください(あとで変更可能です)。
設定したら、アンプをスピーカー台の中に戻してください。
IMG_1418.jpeg

最後に、専用PCの電源ボタンを軽く1ー2秒押してください。
電源ボタンが青く点灯し、3分ほど待てば心地よい自然音がスピーカーから流れ出します。
IMG_1395.jpeg
こちらが設置完成イメージです(スピーカー台を2つ重ねます)。
IMG_1419.jpegIMG_1420.jpeg
posted by R-LIVE at 20:31| R-LIVE導入後のよくあるご質問